【無料でできる!】飲食店の働き方改革 誰でもわかる環境づくり

鈴木孝典 農業販売プロデューサー 最近のつぶやき

飲食店はブラック企業の代表格です。

ランチをやっている飲食店では、夜の片付けまで合わせると軽く10時間は超えることでしょう。

働き方改革では、多くの飲食店が苦戦することが目に見えています。

 

そんな中、働く時間を短くして売り上げを維持、もしくは上げるためには「誰でもわかる(できる)環境づくり」が求められていると私自身考えています。

30年勤め上げた職人の味を、高校生のアルバイトでも作れたらどうなるでしょうか?

職人は新しい商品開発などにも回れ、生産性は高くなります。

 

そこで日々私が実践している
・無料でできる
・誰でもわかる環境づくり

をご紹介します。

今日からでもできるので「いい社員が入ってこない…」と少しでも考えたことがある方、オススメです!

 

誰でもわかる環境づくりって?

 

働き方改革 飲食店

一見きれいに片付いてそうな食材。

ですが、アルバイト初日の高校生に

「寿司で使う紅生姜とってきて!」

と言ってわかる状態でしょうか?

 

答えは「ノー」

理想とするのは「仕事に人がついている組織」です。

紅生姜を見るのが初めての人もいるかもしれません。

 

用意するものはダンボールだけ

 

誰にでもできる環境づくりとして「名前の表示」が必要だと感じました。

名前が分からなくては何もわかりません。

働き方改革 飲食店

こんな感じで印刷。

今回はテプラを使いましたが、最初のうちは全然紙で代用してください!

(弊社は技能実習生や障がいを持っている方でもわかるように「ひらがな」表記にしています)

 

そして、このままでは在庫切れしてもわからなくなってしまうので、仕切りを設置。

飲食店 生産性を上げる

はい。ダンボールです。笑

100均などで買ってもいいですが、その場になかったので代用しています。

食材を入れるダンボールのゴミがすごく多いので、それの削減のためにも役立っています。

 

そして、この仕切りが完成したら食材を入れていきます。

飲食店 整理整頓

これをすることで、一瞬で「あるもの」「ないもの」が一目瞭然。

「誰にでもわかる環境づくり」と共に、「注文忘れ防止」にも役立っています。

 

まとめ

 

ダンボール一つでこういう使い道もできます。

特に、飲食店では大量のダンボールが毎日廃棄されるので「ゴミの削減」はもちろん「働き方改革」にも役立つので、オススメです。

現状→全て出して掃除→名前貼り付け→仕切り設置→食材を戻す

この流れがスムーズなので「社員がだめだ…」と嘆く前に、働く環境の整備をしてあげてください。

タイトルとURLをコピーしました