働いている社員が輝き出す【ドリームマネージャー】面談 部下のマネジメントにおすすめ

飲食店日記

上司の皆さん、今やっているマネジメントは部下が喜んでいますか?

よく上司の仕事として

自分の仕事はもちろん、部下のモチベーションを上げるのも、上司の仕事とよく言われます。

部下がいるみなさんはどのようなマネジメントをしていますか?

私も全く専門的なことは言えませんが

つい最近、ある本を読んで社員さんとの面談の方法を変えてみました。

その元になったのが「ドリームマネージャー」です。

 

 

 

どんな物語?

あるアメリカの会社の実例をもとにしています

ある清掃会社は、従業員の低いモチベーション、高い離職率に頭を抱えていた。そこに現れたのが「ドリームマネージャー」
ドリームマネージャーが従業員一人一人の夢を実現させることによって、従業員は夢を語り合うようになり、モチベーション高く仕事に取り組みだし、離職率も劇的に改善されていくというストーリー。

ドリームマネジメント公式サイトより引用

難しいことはわからないけどやってみた

書籍を読んで「こんな事をやってみたい!」

そう思ったらすぐ行動。

まずは長年勤めている女性の社員さんと一緒にやってみました。

ドリームマネージャー

やったことは

① やってみたい・欲しいもの100個書く

これだけです。

 

最初はやりたいことに戸惑っていたものの、時間がすぎるのもあっという間

途中80年代ミリオンヒットまでかけてテンションもアゲアゲ(笑)

あっという間の楽しい時間になりました。

感想

 

第1回目が終わった後、社員さんの口から「これからが楽しみになってきた」という言葉が聞けたのはすごく嬉しかったです。

自分が「社員さんの夢を叶えらえるお手伝い」ができるのがすごく喜ばしいことですし「社員さんからも感謝」され、それで「業績も上がる」。

やってみた実感として、これからが楽しみでなりません。

面談がお説教になっていたりするマネージャーの方にはぜひオススメしたい1冊です。

 

タイトルとURLをコピーしました