ビジネスをするのは田舎で!【田舎の実態】データを交えながら解説

最近のつぶやき

これまで記事の中で田舎でビジネスをする「田舎起業」を勧めていました。

田舎ほどチャンスはある!23歳の私が動いてみて気づいたこと
挑戦したい若者には田舎は向かない?歳をとってから住むところ? 田舎というと、あまりいいイメージしかないのは私だけでしょうか? いいイメージがあるとすれば、景色が良くて、人が暖かくて落ち着くということです(笑) というふうに考え...
やりたいことがある。でもお金がない。そんな20代・30代に【田舎起業】がおすすめな理由
やりたいことがあるけど、お金がなくて諦めかけてしまいそうな方へ送ります 私が全くその典型です。 考えていることが、成功するかも分からない上に、お金も全くなかった(むしろ借金)状況です。 ですが、動いてみた結論は ・お...

その記事がこちら↑

 

今日はその理由を掘り下げて、実際のデータを交えながらお話ししたいと思います。

都市部で起業しようと思っている方、ぼんやりと何か挑戦したいと思っている方に、おすすめの記事です

私が住んでいる街の実態

まず私が住んでいる街には、夜19時以降になると人がほとんど出歩いていません。

出歩いていたら「不審者じゃないか!?」と小さい頃は身構えたものです。

 

え?嘘!?と思われる方もいらっしゃいますが、本当です。

人口データ 北海道池田町

街のホームページに載っていた情報を抜粋しました。

人口は驚きの6500人…夜に出歩いていない理由が納得できますね

 

人口推移

実はピーク時には18,000人もの人がいました。

ですが、高齢化とともにどんどん人口減少が顕著に…

 

ここまで聞くと、将来どうなるの?と心配になった方も多いでしょう

人口推移 田舎

あるデータをまとめたものですが、実は毎年100人がこの地を離れています。

コロナと働き方改革の影響で2020年には6200人までになると予想されていますし、生産年齢人口(15歳から64歳まで)と老年人口(65歳以上)の割合がほとんど一緒になっています。

何が言いたいのかというと、高齢化が急速に進んでいるということです

比較してみよう

実際に日本のデータと比べてみましょう

年少人口・生産年齢人口・老年人口の3つに分けて説明します

日本平均:12.3%・60.0%・27.7% (2017年 内閣府調べ)
自分の街:8%・46%・46%

子供、働き盛りが少なく、圧倒的に高齢者が多いんです。

 

ビジネスでどう活かす?

地方では、圧倒的な高齢化が進んでいるということがわかったと思います。

だからこそ、私がお勧めする方法は『M&A』です

高齢化で辞める事業者のかわりを引き継ぐことで、初期投資の費用を抑えて、リスクをほとんどなくせます。

都市部では競合が多く、激化していますからそれに比べたらやり方次第ではブルーオーシャンだとも思いますし…

 

そして、地方のメリットとして物価が安いことにあります

家賃はもちろん、遊ぶところもないので飲み代もほぼ使いません(笑)

家賃に関しては、6万あれば一軒家にだって住めてしまいます。

まとめ

これからどんどん都市部に人は集まります。ですが、その逆でどんどん地方には人がいなくなります。

人がいなくなる→パイの減少 ピンチ

ではなく

人がいなくなる→ライバルの減少 チャンス

アイデア次第ではその環境を活かせもします!

柔軟な発想で「田舎起業」も視野に入れてみてはいかがでしょうか??

タイトルとURLをコピーしました