地方飲食店 DX・Webマーケティングの必要性と全体像【売上を上げすぎた元飲食店店長】解説

  • URLをコピーしました!

コロナで店舗売上が下がってピンチ…
ネットを使って店舗の売上を上げたいけど、何からやればいいんだろう?

こんな疑問を解消します。

私自身は、人口6,000人の街の飲食店で店長を務めておりましたが、ネットを使って売上を上げるのが得意で下記の実績を挙げられました。

・おせち売上を2年で2,000,000万円アップ
・作りすぎて余ってしまった50本の恵方巻きを当日宣伝、販売で完売
・コロナ禍でデリバリー売上 作年同月対比200%

現場を1部しか知らないコンサルタントではなく、人口6,000人の地方飲食店店長だった私がご紹介します。

また、リアル店舗を持っていて、ネットで集客や販売につなげることを総称して「Webマーケティング」と言いますので、こちらの記事ではWebマーケティングという表現を使用します。

こちらの記事では下記のことを解説します。
・地方にこそWebマーケティングが必要な理由
・地方飲食店のDX、Webマーケティング全体像

目次

地方飲食店にこそDX・Webマーケティングが必要な理由

「Webを使って売上を上げることは都会の飲食店には必要だけど、地方の飲食店には関係ないんじゃない?」と考えている方もいると思います。

ですが、地方飲食店にこそWebマーケティングが必要な理由を解説します。

1.Webマーケティングに取り組んでいるライバルが少ない

地方飲食店にこそWebマーケティングが必要な理由の1つ目はライバルが少ないということです。

ライバルが少ない=ニーズがない ということではなく、ニーズはあるがWebマーケティングを取り組んでいる企業が少ないので効果が出やすいです。

私は人口6,000人の飲食店で店長を務めておりましたが、20件近く飲食店がありWebマーケティングに取り組んでいる企業は自社ともう1社のみでした。

他の飲食店はHPを作っただけで終わってしまっていたり、SNSはあるが定休日のお知らせをしているだけでした。

2.人材不足が顕著のため、効率的な働き方を求められる

地方飲食店にこそWebマーケティングが必要な理由の2つ目は、人材不足が顕著のため効率的な働き方を求められるということです。

私も店舗の売上を上げるため、1日12時間以上は当たり前に働き、ランチタイムが終わってから1件1件のお宅に飛び込み営業をしたこともありましたが、全く成果は出ず効率がとても悪かったのをいまだに覚えています。

飲食店は労働集約型ビジネスなので、働く人がいなければ売上も上がりません。

また、長時間労働を強いると、残業手当もかさむし、退職者があっという間に増えてしまいます。

効率よく売上を上げるために、Webマーケティングは必須です。

地方飲食店のDX・Webマーケティング全体像

地方でもWebが必要ってことはわかったけど、実際どんなことをすれば売上が上がるの?

ネットを使って売上を上げる(Webマーケティング)やり方は主に2パターンです

・ ECサイトを作り全国に商品を発送し、売上を上げる
・ 店舗集客につなげ、売上を上げる

ECサイトを作り全国に商品を発送し、売上を上げる

飲食店のネットを使って売上を上げる(Webマーケティング)やり方の1つ目が「ECサイトを立ち上げて全国に商品を発送する」ことです。

自社の看板商品をパッキングして全国に発送します。

メリットとしては、全国を対象にすることで見込み客の範囲が広がるため、成功すれば大きな売上の増加が見込めます。

逆にデメリットとしては、ライバルが非常に多いため、魅力的な商品を作るだけでは購入されません。
見つけてもらうまでのマーケティング、セールス戦略をオンラインで1から構築することが必要になります。

メリット:見込み客の範囲が広がり、成功すれば大きな売上の増加が見込める。

デメリット:オンラインで戦略を1から構築する必要があり、大変で時間がかかる

店舗集客につなげ、売上を上げる

飲食店のネットを使って売上を上げる(Webマーケティング)やり方の2つ目が「店舗集客につなげ、売上を上げる」ことです。

1つ目のEC売上を伸ばす方法のゴールはオンライン売上を伸ばすことですが、こちらは店舗につなげることですので、オンラインとオフラインの合わせ技です。

例えば、SNSやHPで店舗の新商品情報を発信して、来店数を増やすことがこちらにあたります。

メリットとしては、新たに初期費用がかからず、すぐに始められることです。

デメリットとしては、フォロワーの獲得に時間がかかる上にフォロワーが少ないと効果が少ないことです。

地方企業のSNS戦略についてはこちらの記事で解説していますので参考にしてください。

あわせて読みたい
【苦手OK】地方企業がSNS Webマーケティングで売上UPさせるやり方 【内容より頻度が大切】 情報発信するのは苦手意識があるけど、SNSを使って売上を上げたい! でも、何から始めればいいだろう? 今回はこういった疑問にお答えします。 SNSを使って売上を上げた...

メリット:初期費用がかからず、すぐに始められる

デメリット:フォロワーの獲得に時間がかかる上にフォロワーが少ないと効果が少ない

DX・Webマーケティングを取り入れて効率の良い働き方を

DX・Webマーケティングを活用できると効率の良い働き方ができるようになります。

実際に私も、おせち売上を伸ばすために「自分が必死に動くしかない」と思い、氷点下10度以下の極寒の中、効果が出ない飛び込み営業をやっていましたが、Webマーケティングに切り替えてからは室内で1/5の時間で効率よく売上を上げることができました。

今までの慣習で続けている成果が出ないものをやめて、DX・Webマーケティングに挑戦してみませんか?

中小企業のIT化・効率化・はたかラボ

---お知らせ---

会社を経営していて、このような悩みはないでしょうか?

・売上を上げたいが、社員の負担を増やせない
・担当社員しかわからない仕事がたくさんある。
・採用したのにすぐに辞めてしまう…せっかく、採用費や時間をかけてもこれじゃあ意味ないよ

 その悩み、IT化で軽減できるならやってみたくないですか?

たかラボでは、ネット関係が苦手な中小企業や個人向けに、IT化の支援をしています。

高額なシステムを作らずとも無料のITツールを導入し、社内の仕組み化・見える化を行なってきた経験や、WEBを活用しおせち売上を2年で200万円アップした実績から、あなたの課題に全力で向き合います。

「ただ気になることを相談したい」
「漠然としているが話を聞いてみたい」

こんな気持ちでも大丈夫です。

ぜひ1度ご相談ください

※完全マンツーマン体制ですので、先着順につき受付できない場合がございます。あらかじめご了承ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

総理大臣も来る東京・赤坂の超高級料理店に就職→長時間労働で1年半で挫折(うつ)→地元の北海道に戻り、中小企業のITサポート・サイト制作・マーケティング支援をしています。
食べることが大好きで、口癖は「もう食べれない」
インドアな奥さんと内弁慶の娘との3人暮らし。

目次