【初心者でも簡単】Googleフォーム 回答締切を時間指定する方法 GoogleAppsScriptで簡単設定

  • URLをコピーしました!

Googleフォームの回答締め切り時間を設定したい!
でも、難しい設定は苦手だし、設定する日を忘れがちだから最初から設定したいけど、どうやれば…

難しい方法を使わず、Googleフォームの回答締め切りを設定する方法を解説します。

日本一わかりやすく、8割画像を使っているのでPCが苦手な方や初心者の方でも簡単に設定できます。

目次

【初心者でも簡単】Googleフォーム 回答締切を指定する方法 GoogleAppsScriptで簡単設定

GoogleAppsScript、なんて聞き慣れないと思いますが、私もほぼ初めてですのでご安心を。

そんなものあるんだくらいで認識いただければ。

※バージョンアップ等で設定項目の配置が変わる場合があります。

GoogleAppsScriptを開く

1.時間指定したいGoogleフォームを開く

Googleフォームはこちらからログイン。

ログインして、時間指定したいGoogleフォームを開いたら「その他」を開く。

2. GoogleAppsScriptを開く

その他から「スクリプトエディタを開く」

GoogleAppsScriptで回答を締め切る設定をする

1.functionを設定する

functionとは、簡単にいうと機能のこと。

赤枠に以下のコードをコピペする。

function closeFormAcceptance(){
  var myForm = FormApp.openByUrl("https://docs.google.com/forms/d/--自分のサイトのURL--/edit");
  myForm.setAcceptingResponses(false);
}

このコードでは、自分のGoogleフォームをfalse(非表示)にする処理をしています。

https以降は後で自分のURLを貼り付けますが、今は一旦無視してそのままコピー&ペーストしてください。

2.GoogleフォームのURLを取得し、保存

先ほど開いたGoogleフォームに戻ってURLを取得

赤枠の部分を先ほどのURLに貼り付け。

今の状態では、「コード.gs」の横が黄色=変更が保存されていないので、保存します。

プロジェクトを保存ボタンをクリック。

「コード.gs」の横の黄色が消えたことを確認。

3.GoogleAppsScriptで回答を締め切る時間を指定する

左のタブメニューから「トリガー」をクリック。

右下の「トリガーを作成」をクリック。

設定画面が開きます。

・イベントのソースを選択→時間手動型
・時間ベースのトリガーのタイプを選択→特定の日時

に変更し、回答を終了したい日付を入力。(6/1に締め切りたい場合は6/2の0:00に設定する)

日時を入力して、保存ボタンをクリック。

認証関係でブロックをかけられた場合は「引き続きブロックする」を変更せず、もう一度保存ボタンをクリック。

Googleにログインすることを求められるので、許可をクリック。

登録したトリガーが保存される。

4.Googleフォームで実行結果(回答締め切り)を確認する

タブの実行数をクリック。

ステータスが「完了」となっていたらOK

フォームを見に行ってみると…

フォームを再開させる場合は、 Googkleフォーム回答タブの受付をオンにする。(黒枠)

再度受け付ける場合のGoogleAppsScript設定もあるが、ご要望があれば。

中小企業のIT化・効率化・はたかラボ

---お知らせ---

会社を経営していて、このような悩みはないでしょうか?

・売上を上げたいが、社員の負担を増やせない
・担当社員しかわからない仕事がたくさんある。
・採用したのにすぐに辞めてしまう…せっかく、採用費や時間をかけてもこれじゃあ意味ないよ

 その悩み、IT化で軽減できるならやってみたくないですか?

たかラボでは、ネット関係が苦手な中小企業や個人向けに、IT化の支援をしています。

高額なシステムを作らずとも無料のITツールを導入し、社内の仕組み化・見える化を行なってきた経験や、WEBを活用しおせち売上を2年で200万円アップした実績から、あなたの課題に全力で向き合います。

「ただ気になることを相談したい」
「漠然としているが話を聞いてみたい」

こんな気持ちでも大丈夫です。

ぜひ1度ご相談ください

※完全マンツーマン体制ですので、先着順につき受付できない場合がございます。あらかじめご了承ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

総理大臣も来る東京・赤坂の超高級料理店に就職→長時間労働で1年半で挫折(うつ)→地元の北海道に戻り、中小企業のITサポート・サイト制作・マーケティング支援をしています。
食べることが大好きで、口癖は「もう食べれない」
インドアな奥さんと内弁慶の娘との3人暮らし。

目次