道の駅士幌 ランチ【レビュー】にじいろ食堂で士幌牛を食べづくす。座敷も完備で子供連れても安心

十勝・帯広オススメスポットレビュー

先日「道の駅 ピア21しほろ」のにじいろ食堂にて、ランチを堪能してきました。

通りがかりに寄ったのですが、子連れには嬉しい座敷があり、安心して食事ができました。

今回は実際に行った感想をまとめました。

道の駅士幌 ランチ【口コミ】にじいろ食堂で士幌牛を食べづくす。座敷も完備

店舗情報

にじいろ食堂

住所 士幌町字士幌西2線134番地1(道の駅ぴあ21しほろ内)
TEL 01564-5-3940
営業時間 11:00〜15:00
定休日 年末年始
広い駐車場あり

メニュー・頼んだ料理

メニューは「しほろ牛」を使った料理が多々あります。

私たちは「ローストビーフ丼定食」「しほろ牛生姜焼き定食」「本日のオススメうどん」を注文しました。

2人で3人前頼んでしまうのは癖なんです…(もちろん、ペロリと完食)

ローストビーフ丼定食

(ローストビーフ丼定食)

ローストビーフ丼は、白いご飯の上に、野菜としほろ牛?のローストビーフが8枚ほど乗っています。

それに、添えてある胡麻醤油ドレッシングをかけて食べます。

味は適度な塩っけがあり、女性にも食べやすいです。

また、お味噌汁と小鉢がついてあります。

(全体写真は撮り忘れです)

しほろ牛生姜焼き定食

道の駅士幌の生姜焼き

(しほろ牛生姜焼き定食)

しほろ牛がたっぷり使用され、肉も焼き過ぎず程よいレア感で提供されています。

また、士幌町は有名なじゃがいもの生産地なので、付け合わせも地元のものを使っているのでは?と連想させられます。

ポテトサラダは手作り感があり、美味しかったです。

また、生姜焼きの味付けは、濃い味付けが好きな私にはちょうどよかったです。

本日のおすすめうどん

(本日のおすすめうどん)

鶏肉や椎茸・えのきや三つ葉・卵焼きなど彩りよく添えられています。

まとめ:にじいろ食堂は地元食材を使った、北海道らしい濃いめの味付け

しほろ牛や地元のじゃがいもを使用している、地産地消のレストランです。

また、道の駅には観光で出たゴミを回収してくれるサービスもあるので、立ち寄って見てはどうでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました