仕事放棄して帰る【経験者】追い詰められたあなたにおすすめの行動3選

想い 十勝・帯広転職.com

若い自分
若い自分

出勤したけどやる気が出ない…

辛い…帰ろう。

私自身、今となってはおおやけに話せますが、どうしたらいいかわからず、仕事を放棄して帰った過去があります。

それも1度ではなく、3度も…

次の就職先も決まっていなかったので「いやだ・辛い」という感情だけで上京して、わずか1年半で会社を辞めました。

(正直、軽いうつ症状と診断されてたので、考える余裕はありませんでした。)

今となって思うのは「あの時もっと上手に・計画的にやれればな…」ということ。

孝典
孝典

そんなのあったの!

早く言ってよ〜!!

というサービス・やり方を経験者が3つに絞って紹介します。

【経験者が語る】仕事を放棄して帰る・やめる前におすすめの行動3選

①転職エージェントに相談する

やめて1番心配になるのが、次の働き先が見つかるか?(お金)という問題です。

「今やめて次の転職先があるか?」
「自分に向く仕事は?」
「やめたいけど、何からすればいいかわからない」

という問題を企業と転職者の間に立って、中立の立場で進めてくれるのが、転職エージェントです。

・今すぐに転職しなくてもOK(相談のみ)
・費用は無料

なのがありがたいです!

私が役に立った転職エージェントはこちらから

②職場の上司に相談

迷惑と思わず「今が苦しい…」ということを正直に伝えましょう。

その時に大事なのが、決定権のある上司に相談すること。

身近な先輩に相談しても「俺の時は…」と、何の解決にもならないアドバイスをされることが多いです。

相談することで、部署移動やその後の退職の手続きを円滑に進めることができます。

③病院に行き、診断してもらう(診断書をもらう)

うつ症状がある人にオススメなのがこの方法。

診断書があることで、会社としてもこのまま仕事を続けるよう言いづらくなりますし、休職の申請を出すことができます。

会社から「診断書の提出は不要」と言われても、万が一のために診断書はもらっておきましょう。

何よりの証拠になります。

会社に行くのがしんどい・限界…そんな時は「退職代行」もあり

会社から
「引き継ぎの業務であと1ヶ月残って欲しい」

「休職してから、また復帰してほしい」

なんて言われることもあるでしょう。

ですが、「体力的・精神的に厳しい」「会社の人と話したくない」という場合は退職代行(退職のお悩みをプロが解決!)もありです。

退職希望者に代わり、退職の意思を法律のプロが円満退職に向けて手続きしてくれます。

自分の代わりに、退職の手続きをしてくれるので気が楽になります。

費用は多少かかりますが「未払いの残業代」「余っている有給休暇」「面と向かって退職の意思を伝えられない」方は”悩まなくて良い”ということを考えると、決して高くないと思います。

まとめ:悩みすぎないで「選択肢」はいくらでもある

自分で考えすぎる前に、誰かに相談してみましょう。

私の場合、家族や友人ではなく、第三者の転職エージェントがオススメです。

苦しいなら、ワクワクする方向へ行きましょう。やめるのもありです。

タイトルとURLをコピーしました