【初心者でも安心!】公式LINEの基本投稿3つ【飲食店マーケティングにオススメ】

公式LINEで売上を上げる 飲食店 Webマーケティング
社長・店長
社長・店長

LINEを使って、お客様の再来店を向上させたい!

店舗でもフル活用して!

任せたよ!

担当者
担当者

はい、わかりました。

(でも、現場も担当しているからあまり時間がないんだよな…)

こんなやり取りで、大変な思いをしている方も多いのではないでしょうか?

孝典
孝典

そんな忙しいあなたのために「これさえ使っておけば間違いない!」

という公式LINEの機能を3つだけ紹介します。

公式LINEは飲食店・小売店の再来店に必要不可欠なツールの1つです。(レスポンスが早いので超おすすめです)

と言っても、なかなか魅力が伝わらないと思うので

実際に私がLINEを活用した結果、起こったことを紹介します。

2/3の恵方巻の日に牛肉恵方巻用の肉の量を多く煮すぎてしまった…
→LINEで当日宣伝・50本もの注文が来てあっという間に完売。

新しい弁当の宣伝をLINEで配信。
→1ヶ月で500食以上の注文

孝典
孝典

という感じで、売上に直結したりするので、使っておかなきゃ損です。(LINE風)

でも、現場仕事もある中、SNSを使いこなすなんて大変ですよね。

「どう使って良いか?」「どの機能がいいか?」「効率よく使うには?」

この疑問に絞った結果、3つだけで十分です!

今から始める方も、アカウントはあるが使いこなせていない方も、必見の内容です!

公式LINEの目的:再来店につなげること!新規集客には向かない

意思統一のために、書いておきますが、公式LINEは新規の集客には向きません。

活用するために「友達登録をしてもらうこと」が必須だからです。=登録をするきっかけが必要(来店・スタッフとの会話等)

では、公式LINEの目的は何かというと「再来店」につなげることです。

SNSの中でLINEは、ダントツで利用者がおおく、年齢が幅広いのが特徴です。

もはや、生活の1部となっています。LINEを使わない手はないでしょう。

基本的な操作:投稿

投稿は1番使う基本的なツールです。

お客様に定休日をお知らせする時、クーポンを配布する時など状況は多様です。

文字だけではわかりづらいので、動画にまとめました!


再来店のきっかけづくり:クーポン

LINE=クーポンというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

公式LINEの店舗導入時に、登録者を増やすために1番使われていたのがこのクーポンです。(登録してくれたら500円クーポン・ドリンクサービスクーポンなど)

こちらも動画にまとめています。

私のイチオシ:リッチメニュー

私のイチオシはリッチメニューです。

「リッチメニュー?何それ?」と思う方が大半だと思いますが、企業ラインの投稿の下側に表示されているアレです。

赤線で囲っているこんなやつ↓(雑ですみません)

リッチメニューを設定すると、投稿をするたびに目に止まります。=情報が伝えやすくなります。

飲食店で作ったリッチメニューは5種類ほど作りました。
①おせち
②お盆
③ゴールデンウィーク
④卒業・入学祝い
⑤その他

など、行事ごとに設定することで、売上につなげやすくなります。(一度作ってしまえば、毎年使える点もおすすめ)

デリバリーのお弁当のリッチメニューを設定した時は月に500個以上も販売し、毎日トークから注文が入った経験があります。

売上にすると500,000円近くいくんではないでしょうか。

ですが、イチオシな反面、作るのが少々手間です。

なんせ、画像サイズが決められており、新しく画像を作る必要があるからです。

こちらもリッチメニューの設定・画像の作り方・おすすめアプリの紹介を動画にまとめているので、見ていただければと思います。

投稿頻度:月に2回程度がオススメ

個人差はありますが、基本的に嫌がられない+忘れられない月に2回程度がおすすめです。

ブロックの数が少ない時は増やしても可です!

私はおせち売上をあげたかったので、1週間で3回ほど投稿した時もありました(笑)

慣れてきたら、トーク機能をONにしよう!

LINEの醍醐味は、お客様との距離が近いことです。

「気になるけど、わざわざ電話して聞くほどでもない」と思ってるお客様が、LINEなら気軽に聞くことができます。(その利点を生かし、採用に活用している企業もあります)

そのためには、トーク(チャット)機能をオンにする必要があります。

LINE公式アカウント (LINE Official Account Manager) チャットを有効にするマニュアル|LINE for Business
LINE公式アカウント (LINE Official Account Manager) チャットを有効にするのマニュアル。設定方法や機能の使い方を紹介します。

トーク(チャット)機能をオンにするやり方は、公式LINEのHPで紹介されていたので、こちらを参考にしてください。

まとめ:リッチメニューを設定→投稿・クーポン配布が鉄板

まとめると
①クーポン設定(無くても可)
②リッチメニュー設定
③投稿
④③を繰り返す

リッチメニューは2ヶ月から3ヶ月で変えると登録者が飽きないのでおすすめです!

タイトルとURLをコピーしました