飲食店は当たり前?食材を安く仕入れる交渉術

野菜 飲食店日記

年末のおせち料理、恵方巻など、2大行事が終わり、仕事がひと段落したので、全業者さんに相見積もりを取りました。

相見積もりとは、同じ商品の値段を全業者さんへ聞くことです。
例えを出すなら「ガリガリ君」というアイスが欲しくて①スーパーA②スーパーB③コンビニにいくら?って聞くのと同じです。

自分では当たり前のことや、業者さんから「こうしたらもっと安くできるかも」ということも教えていただいたので、それをまとめました。

※ここでいう業者さんとは「卸売業者」さんのことをいいます。

月間の使用料を伝える

 業者さんもメーカーさんに交渉するにあたり「まとまった量を仕入れられるか?」ということが値段を下げられる鍵になります。

そのために必要なのは、自社を「商品を月間どのくらい使うか?」ということです。

使用料が多い場合、箱単位の場合と1つなどの少量の場合の値段を聞く

ロットにもよりますが、1箱単位などで仕入れられるとkgで20円ほど安くなった経験があります。

10kgの商品で200円 年間100kg使うと仕入れだけで2,000円も安くなります。

「でも、月末には在庫を持っておけない…余るのが心配。」

そんな方は、箱単位で仕入れる業者さんと、小口で仕入れる業者さんを分けておきましょう。

相見積もりを3社以上から取る

あまり知られていないですが、仕入れ口はなるべく多いのがベストです。

先ほどの「ガリガリ君」の例だと、スーパーAは50円、スーパーBは45円だとしたら、スーパーBから仕入れますよね?

ですが、スーパーBは持ってきてくれるのが週に1回。コンビニは50円だけど、注文があれば毎日持ってきてくれます。

この場合、基本はスーパーBで仕入れて、足りなくなったらコンビニで注文する、ということができます。

これも、取引先は3社いるから比べられることです。

商品を安く仕入れるための注意点

信頼関係で成り立っているので、他社情報の漏洩は禁止

よくある失敗として、商品の値段を下げたいから「他社さんは〜くらいなんですよ…」

と情報を漏らしてしまうことがあります。

ですが、卸売業者さんは商品を卸しているだけなので、利益は元々薄いです。

その中で、メーカーに見積もりを取り、値段を決めているので、同業者と水面下の探り合いになっています。

その状況を無視して、自分のエゴだけで、値段をバラすのはよくないと感じます。

メーカーにこだわりがある場合は商品名と入数を先に伝える

せっかく、見積もりを揃えてもらっても

こだわりの商品があり「このメーカーの商品が欲しい」となり、見積もりをとりなおすお願いをしなければいけません。

例:ガリガリ君でも「A工場で作ったガリガリ君」など

こだわりがある場合には、業者さんに先に伝えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました