第1回 農家販路開拓ミーティング開催!内容と感想を公開します

農家 販路開拓 ミーティング 農業 販路開拓サポーター

 

2020/1/19

本日は農家さんと第1回目の「販路開拓ミーティング」をしました。

 

というのも、

農家さん:今年の秋の出荷から販路を開拓していきたい

私:販路開拓プロデュースを始めるにあたり、モニターが欲しい

という希望が一致し、1年間限定で販路開拓プロデュースをやることに!!

 

私が提供している、販路開拓プロデュースはこちら

北海道農業販路開拓プロデュース
魅力を伝えられれば、必ず販路開拓ができます。なぜかと言うと、ものが売れる方程式は「商品力」×「営業力」だからです。北海道の食材は「北海道ブランド」と言われるほど、食材の評価が高い=商品力が高いのです。なので、営業力(魅力)を高めれば必ず、販

 

 

 

農家販路開拓プロデュースの目標

 

1人でも多くの人に自分たちの食材を届けること。

そして、農家さんのやりがいの向上につなげることです。

これに尽きます。

 

美味しい食材を作っても、自分たちの発信力や営業力がなければ消費者に買ってもらうことはできません。

そのための手段として、ブログを使った情報発信を主としています。

 

 

ミーティング内容

流れとしては

現状の把握・問題点の確認→効果の出るタイトルの付け方→実際の記事添削・タイトル変え→質疑応答

という感じであっという間に1時間が終了。

 

特に「タイトルの付け方」は喜ばれました。

具体例を出すと、ある記事は元々

「〜おすすめしない理由3選」でした。

 

でも、ネガティブワードだし、検索に引っかからないよね?という話になり

「〜大変な3つの理由」に変えました。

 

1人で考えていては、気づかないですが、結構重要です。

タイトルを変更した実際の農家さんの記事がこちら

【農家が語る】独立を考えている人に農業が大変な3つの理由
サラリーマンの方などでよく『定年退職後はのんびり田舎で農業でも〜…』と考えている人をテレビやSNSなどで見かけませんか?実際にそう考えている方もいるかもしれませんが、農家の僕から言いますと定年退職後に農家になり作物で収益化を考えているとすれ

 

 

実際の農家さんの声

「濃すぎる1時間」

「細かいところを気軽に聞けるのがよかった、これからが楽しみ」

 

というありがたい声。

 

 

農家販路開拓ミーティングを終えて

 

少し、直したり、言葉の表現を変えるだけでブログやその方の良さが更に引き出され、私自身も嬉しくなりました。

 

こうやって、伝わる文章の表現を積み重ねていって、

消費者の購買につながり、

その声が農家さんのやりがいにつなげられたらますます嬉しいです。

 

タイトルとURLをコピーしました