【実体験】20代の自己投資は『経験」の1択!本から学べない「早く失敗する」メリット

鈴木孝典 20代 自己投資 経験談

こんにちは!

新商品の開発で嫌と言うほど、チーズを食べている孝典です。

 

 

勉強熱心な20代の皆さんの中には

将来が不安だから、今のうちに何か始めたい!

副業も興味あるけど、何から始めれば…

勉強したいけど、会社の時間もあるからあまり時間を使えない…

こんな風に悩んでいる方に向けて書きました。

 

 

私自身、今年10月にクラウドファンディングに挑戦して100万円を超えるお金を集めることができました。

そのクラウドファンディングがこちら↓

【北海道・十勝】池田町の飲食店が“農家と野菜の魅力”を全国の皆さんに届けるプロジェクト | MOTION GALLERY
コロナの影響で、市場価格が激減している北海道農家さんの少しでも助けになるように、北海道の美味しい「食」を飲食店のノウハウでお届けします! ぜひおいしい北海道を再発見して...。クラウドファンディングのMotionGallery。

 

 

そんな私が思うのは

孝典
孝典

悩んで迷っているより、とりあえず”行動”してみよう!

 

ということです。

ですが、本当に意味があるものは

そこから生まれる「失敗」にあります。

 

行動のきっかけになれば嬉しいです。

 

 

行動できない人の共通点:準備に時間を使いすぎ

厳しい話になります。

私の周りにいる行動できない人の共通点は「準備に時間を使いすぎている」ということです。

 

例えば、海外旅行に行く場合でも

「相手と予定が合ったら…」

「いいホテルが見つかったら…」

「お金が貯まったら…」

ということをずっと言っています。

 

私だったら、すぐに相手のスケジュールを確認して、その日にホテルと航空券を予約します。

スケジュールなんて二の次です。(今はコロナで厳しいですが笑)

 

行き先が決まれば、スケジュールも決めざるを得ません。

 

「個人の名前」で1円を稼げるか?

 

「1ヶ月後までにあなたの名前でお金を稼いでください。」

会社員の経験しかない私たちにとって、とても難しいお題です。

 

「実際に本を読んで勉強していたのは何だったんだ!!」

そう思うほど、経験が1番勉強になります。

「百聞は一見にしかず」ということわざがあるのも納得です。

 

失敗することで得られるメリット

私自身、クラウドファンディングで多額のお金を集めて、成功しているように見えていますが、その裏側には失敗がたくさんあります。

事前プレゼンでもボロクソ言われたのに、実は町の補助金申請にも落ちています。笑

その時の記事がこちら↓

創業補助金申請前に確認すべき3つのこと【審査会での指摘事項から考察しました】
先日、町役場で「創業補助金(地域創造的起業補助金)」を申請してきました。 ※実際に待っている時の様子 創業時に関わるお金を国や市町村が補助してくれる制度で、とてもありがたいものですが、補助にあたり審査があります。...

 

失敗することで学んだことは、こちらにまとめています。

完璧じゃなくても【早く失敗しろ】から学んだこと
(早く何度も失敗しろ)シリコンバレーでよく使われる言葉です 自己啓発本とかでも一度は見たことがあるのではないでしょうか? 「またまた」「そんなこと知っているよ」 と思った方も多いはず ...

 

まとめ

 

「今からアメリカに行く!」

30代で家庭を持ってからは、なかなか言えません。

ある意味、そう言えるのは独身の20代の特権だと思います。

 

「中身は決めなくていい」ということではなく、行動すれば自然とついてきます。

 

私がビジネスで行動したい方達におすすめなのは「ココナラ」

大学生でサービスを出品し、月〇〇万と稼いでいる人もいますし、

私自身もロゴ作成はココナラでお願いしました。

 

 

日本全体もコロナでリモートワークが進み、一層、その動きは増しています。

政府の自粛要請により、スキルマーケットのビジネス利用が急増。「自社ビジネスのオンライン展開」が利用背景の47%を占め、中小企業にデジタルシフトの兆し
株式会社ココナラのプレスリリース(2020年5月28日 13時30分)政府の自粛要請により、スキルマーケットのビジネス利用が急増。が利用背景の47%を占め、中小企業にデジタルシフトの兆し

 

ココナラなら利用者数も多いし、500円の販売からスタートできるので、気軽に始められるのも魅力の一つですね。



タイトルとURLをコピーしました